へんじがない、ただの引きこもりのようだ

ゲームを中心に世界は回っているのだ

【FF14】夏ですよ紅蓮祭ですよ

 

 

どうもこんばんは。

 

夏のシーズナルイベントということで紅蓮祭が開催中です。

今年は8月26日の23時59分まで開催しているみたいですね!

 

新参の私は初参加なわけですが、阿鼻叫喚の高難度アスレチックの存在は小耳にはさんでいました。

まあアスレチックくらい軽くひねり潰して行きますよ。

 

(アスレチックかなり苦手ですけどね・・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

新米冒険者と紅蓮祭

 

 

ということでリムサ・ロミンサ上甲板層で紅蓮祭開始のクエストを受注してコスタ・デル・ソルにてイベント進行。

 

余談ですが現実のコスタ・デル・ソルと同様、FF14内のコスタ・デル・ソルもリゾート地ですね。

テスカ・デル・ソルは大剣ですね。

 

 

閑話休題

 

とにかくなんでもいいから手形を4つ集めてこいよ~ということで手形を集めてストーリー進行。

釣り・調理・アスレチック(低難度)の3種類で手形が入手出来ました。

 

実を言うと実装当日、別のことをしている間に納品対象の料理を作ってもらっていたので、手形は一瞬で集め終わりました・・・。

感謝します・・・。

 

ちなみにこの料理に必要な魚が紅蓮祭期間でしか購入することが出来ないみたいなので、手帳埋めしたい方は今のうちに作っておきましょう。

 

 

 

 

報酬アイテム

 

 

今年は法被とお面と庭具ですね!

 

なかなか法被を着ることなんてないだろうと思っていたのですが、着てみるとなかなかよさげでした。

 

 

f:id:myuuuu9n:20190819221932p:plain


 

紅蓮祭名物の花火を法被で。

いやー、この花火が期間中は夜になるたびにあがるので、なかなか綺麗で思わず見てしまいます。

 

 

f:id:myuuuu9n:20190819224237p:plain

 

 

お面はこんなかんじだっぺな。

 

頭装備の位置を変える昨日でお面を頭に斜めにつけることもできるので、そっちが主な使用用途になりますね、きっと。

まあ上のSSみたいにそのままつけるのもネタ要素満載で優秀ですが・・・。

 

 

 

 

問題はアスレチック

 

 

紅蓮祭のイベントの進行自体は手形を四つ集めてストーリーを見ると終わりで、報酬は手形と交換で入手できるのでアスレチックはやらなくても全く問題ないんですよね。

 

だがしかし。

 

アスレチックがある以上登らなければいけない気がしまして。

 

そう、そこに山があるかr(ry

 

 

 

・・・。

 

結果から言うと一日目の挑戦は無念に終わりました

登山苦手と言いつつもクガネ登山は踏破していたので、何とかなるかと思っていましたが甘かった。

 

全然次元が違いました。

あともう少しのところで・・!という感じではなく、序盤から難しい、中盤も難しいポイントがある、そもそも終盤にたどり着かないという悲惨っぷり

 

 

f:id:myuuuu9n:20190820022302p:plain

 

 

ま、まあこの高さですからね・・・・。

上手いこと設計されていて、各階層で外周を回らないと上に登れないようになっているので、見た目以上に道のりは長いです。

 

 

 

 

日を改め再チャレンジ

 

 

まあ流石に二日も挑戦するとですね。

 

f:id:myuuuu9n:20190820034114p:plain

 

 

登れてしま・・・・いません

 

 

ズルして登りましたお疲れさまでした。

(自爆→蘇生であったり、エターナルリングを使用すると蘇生者or対象者のところにワープできるので、その仕様を逆手に取った登頂ですね。)

 

 

f:id:myuuuu9n:20190820034334p:plain

 

 

せっかく登頂したので頂上で花火を見ようとしたのですが、あいにくの雨。

??「天罰ダッ!」

 

 

f:id:myuuuu9n:20190820034456p:plain

 

 

仕方がないのでなぜか頂上にいたバッツくんとSS。

 

このバッツくん、ダッシュでこのジャンプ台から飛び降りることを勧めてきます

どうやら去年はこのジャンプ台が存在しなかったようで、ジャンプ台から飛び降りることで着地できる一段高い地点も追加されたみたいですね。

 

 

f:id:myuuuu9n:20190820034733p:plain

 

 

そんなこんなしているうちに天気が良くなってくれたので、運よくSSに収められたメテオマークをば。

 

 

今年は完全にキャリーされた形になりましたが、来年は自力で登れ・・・るといいなあ・・・(遠い目)。

自力では最後の細い足場ゾーンに到達するのがやっとでした(´・ω・`)

 

ま、来年あるのかどうかわかりませんけどね!!

 

 

 

 

 

 

 

それでは。