へんじがない、ただの引きこもりのようだ

ゲームを中心に世界は回っているのだ

【FF14】エオカフェ討滅戦《制限解除・ソロ》

 

 

どうもこんばんは。

 

タイトルが全てを物語っていますが、エオカフェことエオルゼアカフェについに足を踏み入れてしまいました。

所謂コラボカフェですね。コラボカフェ自体は他の物でも行ったことがあるので、まあなんとなくはわかっていました。

 

 

引きこもりといっておきながら何事だという話ですが、こういうゲーム系のイベントは行くんですよ極稀に。

その極稀が今回だったということで・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エオルゼアカフェ出張店

 

 

出張店ということでとーきょーにある本店?に行ったわけではありません。

こんなの常時開催してるとーきょーはやっぱり都会ですね・・・。

 

 

f:id:myuuuu9n:20190610015058j:plain

 

 

私のスマホの比が縦長なせいで画像が扱いづらいのなんの。

 

 

見ての通り普通の商業施設の一角で行われており、画像上部をよーくみるとわかるんですが、「化粧室」の文字が。

そう、エオカフェがトイレへ行く通路に面しているので、ヒカセンなのか普通に買い物をしに来ているお客さんなのかすぐにはわからない状態。

 

エスカレーター登ってすぐのところに位置するのですが、私は気づかずにこのフロアを一周回りました。

 

 

 

そんなことはどうでもいいんですよそんなことは。

 

 

f:id:myuuuu9n:20190610023143j:plain

 

 

トイレの方面へ向かうと、一面FF風な雰囲気を醸し出しているように写真を撮っておきます。

 

私は平日の昼過ぎの部で行ったのですが、時間帯が時間帯だったので比較的空いていました。

まあそりゃそうですよね、みんな働くか学校にいってますよね。

 

 

ちなみに私が行った時の客層は女性多めでした。

というより私以外ソロで来てる人いませんでしたけどね・・・・。

 

 

f:id:myuuuu9n:20190610024009j:plain

 

 

「welcome to Ishgard!!」

開発陣のボードに出迎えられ、イシュガルドの地へ足を・・・。

 

カフェの中がイシュガルドなのかこの地域がイシュガルドなのかどっちなんでしょうね?

イシュガルドってなんだ(哲学)。

 

 

 

エオカフェ店内へ

 

 

なんで店内に入るまでにこんなにグダグダ書いてるんですかねえ・・・。

 

店内に入る前に注意事項の説明があり、

「店内にはオルシュファンの盾もあるがイイやつなら触るな危険」

と言われ(一部語弊有り)、ざわついたのは覚えています。

 

 

f:id:myuuuu9n:20190610220158j:plain

 

 

オルシュファン・・・イイやつだった・・・。

 

イシュガルドをイメージということで店内はずっと蒼天関係のBGMが流れていたのですが、あんなに感動して涙した蒼天も案外覚えていないもので。

思い返してみるともう半年も前のことなんですね。

 

 

f:id:myuuuu9n:20190610220822j:plain

 

 

青魔導士衣装も飾られていました。

 

この時私の青魔のレベルは18。

流石に触発されてレベリングとラーニングを始めました。

 

(その他戦闘職上げ切ってからでいいかな、なんて思ってたらもう漆黒間近でした。流石に上げ切りたい。)

 

  

f:id:myuuuu9n:20190611011122j:plain

 

 

中には天球儀と機工の銃も。

近くで見ると結構細かいところまでデザインされていたので・・・是非・・・開きたかった・・・(無茶苦茶)。

 

占星メインと豪語しておきながらこの天球儀が何なのかわからないという悲劇。

多分AF2の武器です。

 

 

f:id:myuuuu9n:20190611012629j:plain

 

 

横はこんな感じです。

 

 

f:id:myuuuu9n:20190611034619j:plain

 

 

色々設定画。

気になるものはアップして撮ったりしたのですが、流石に全部乗せると私が疲れるので・・・ではなくて枚数がとんでもないことになってしまうので頑張って見てください。

 

建物の全貌とか、あまり意識してみていないのでどこだか全然わかりませんね正直なところ。

 

 

f:id:myuuuu9n:20190611034825j:plain

f:id:myuuuu9n:20190611034914j:plain

 

 

でっかいイラスト。

各シーズナルイベントとかでロドストにあがっているタッチの絵が私は好きです。

 

 

 

 

食べ物編

 

 

所詮コラボカフェだし値段高い割に中身大したことないやつなんだろうなあと思っていたのですが完全に裏切られました、良い意味で。

おいしかった。どれも。

 

 

f:id:myuuuu9n:20190611035136j:plain

 

 

「でぶチョコボのメテオハンバーグプレートデラックス」と飲み物は「踊り子」

 

エオカフェの食べ物系統は量が多いから注意したほうが良いというのはどこかで見たのですが、朝から何も食べていない私には関係ありませんでした。

 

 

このでぶチョコボのなんちゃらかんちゃら(おい)がとてもおいしかった。

空腹だったので352割増しでおいしかった。あれ、これ元がそうでもなくなってしまうのでは。

 

踊り子は・・・オレンジとなんかと・・なんか・・・・。

もう食レポ辞めます。

 

 

f:id:myuuuu9n:20190611035605j:plain

 

 

「イシュガルド名物スイーツセット」も頼んでみました。

 

左のケーキはピスタチオでしたね~。

抹茶かと思ったら違いました。

 

右は生クリームたっぷり。下にゼリーとかなんか色々。もう食レポ(ry

半分くらい生クリームでした。甘党だから問題ない。

 

 

この後飲み物をもう一杯、「漆黒のヴィランズ」も注文したのですが「踊り子」の方がおいしかったです。

これメニューのところにも書いているのですがプラカップになるので、写真撮らなくていっかあ・・・という気持ちに。

 

 

 

 

貢がれしコースター

 

 

勝手なイメージですが、コラボカフェと言ったらコースターみたいなところありますよね、あります(強引)。 

一品注文に付き1枚コースターを貰えるのですが、これがかなり種類のあるのなんの。

 

 

で。

私も注文数だけもらったのですが・・・。

 

 

若い女性ヒカセン二人組に突然話しかけられまして。

ソロ討滅に来ている私に話しかけるとはなんという変人(どっちがだ)。

 

 

「コースター集めてますか?良ければどうぞ!」

 

 

 

f:id:myuuuu9n:20190612232131j:plain

 

 

二人分頂いたので、ソロで行ったのにこの枚数。

 

 

引きこもりは脳内で喋る練習をしないと話せないので、まともに会話が出来ていたか不明です。なんてやつだ。

 

 

f:id:myuuuu9n:20190612232337j:plain

 

 

ちなみに裏面はこんな感じ。

この裏面のイラストかわいいですね。確かエオカフェの公式サイトのようなところに掲載されていたイラストです。

このタッチは好きです(二回目)。

 

 

 

ということで初エオカフェはこんな感じでした。

そうですねえ、なんというかまあ。

 

誰かと一緒に行ったほうが良いと思いますw

 

 

 

 

 

それではでは。