へんじがない、ただの引きこもりのようだ

ゲームを中心に世界は回っているのだ

伊勢物語

たまには短歌なんかに触れてみようかとww

はいそこ!

似合わないとか言わない!

って言ってもほとんど興味ありません←ぇ

でも、1つだけ心になにか残った短歌があったのです。

それがこれ、

散ればこそ

いとど桜は

めでたけれ

浮き世に何か

久しかるべき

伊勢物語より

これは、なぜか心に来ました。

元々俳句?短歌?何それおいしいの?ってレベルでしたが、これだけはなぜか…

ちなみに現代語訳すると、

散るからこそいっそう桜は素晴らしいのです。そもそも、この無常な世の中になにか永遠のものなどありましょうか、いやありません

って感じです。

いわゆる諸行無常ですか?

宗教は嫌いなのでよくわかりませんがww

実はこの歌を歌う前に、1人が、桜を散るのを嘆いた歌を歌ったんです。

それを批判したみたいな感じです。

うん、何事も移り行くのですよ…

ま、たまに好きな歌詞なんか紹介しちゃおうかなって企んでます←w

もうきっと短歌は出てきませんwwww